精強剤で効果ない人は国内で認可されるバイアグラを

男性は40代、50代と年齢を重ねていくうち少しずつ、スタミナ不足や性欲の衰え、勃起障害などの症状が起こるようになるので、通常の性行為が出来なくなっていきます。
気持ち的にはまだまだ現役でいたいけれど、体がついていかないとお悩みの方があれば、ドラッグストアや通販で手に入る精強剤を試すようにしましょう。
亜鉛やマカ、アルギニンなどの男性の性機能改善に役立つ成分が入っているので、長期で使用し続ければ、若い頃のような性行為が出来るようになる可能性があります。
精強剤を飲み続けても、まったく効果がなかった場合は、お近くの病院を受診し、バイアグラを処方してもらうようにしましょう。

1998年にアメリカにある製薬会社のファイザーから発売されたバイアグラは、翌年の1999年にはED治療薬として正式に厚生省により認可され、国内でも一般の方が使用できるようになりました。
これは異例のスピードなのですが、バイアグラが未承認のまま市場に広がると、副作用などのリスクがあるので、かえって危険だと判断されたようです。
それほどバイアグラにはEDを改善する高い効果があるので、精強剤を使っても、まったく変化がなかった人は利用することをおすすめします。
バイアグラは食前の空腹時に飲むと、高い効果を得られる薬なので、たとえお腹がすいていても、性行為の前には食事を我慢するようにしてください。
性行為の1時間前に服用すると、およそ30分程度で効果があらわれ始め、1時間程度でそれがピークとなります。
効き目はそれからゆるやかに減退していくことになりますが、5時間程度はもつので、夜をたっぷり楽しみたいなら、早く飲み過ぎないように注意しましょう。

ページトップへ