バイアグラを常備すると便利

年齢の問題などでなかなか勃起しなかったり勃起してもすぐに萎えてしまう人は、「バイアグラ 通販」などの通販サイトを利用してバイアグラを常備しておくと便利です。
バイアグラは性行為を行う1時間程度前に飲んでおけば5,6時間程度は効果が続くので、予想外の事態で急に性行為をする事になった場合でも安心です。
ただ、バイアグラは常備していればそれだけで安心という訳では無く、服用する際に効果が十分に発揮できる状態にする事にも注意をしなければならないです。
どうしてなのかというとバイアグラは食事の影響を受けやすく、せっかく常備していて安心だと思っていても場合によってはほとんど効果を得る事が出来ない事態も考えられるからです。
バイアグラを服用する前に食事をすると食事の中に含まれている脂分が胃や腸の壁に膜を作ってしまって、その膜がバイアグラの吸収を阻害してしまうのです。
バイアグラを服用してもきちんと吸収されなければ意味が無く、この事を知らないで構わずに食事をしてから服用すると効果が得られなくて大したことないのではないかと勘違いをしてしまう事もあるのです。
どうしても流れで食事をしなくてはならない場合であれば、出来れば食事の前の空腹の時にバイアグラを服用するようにして、30分から1時間程度間を空けてから食事をするようにすべきです。
食事の影響を受けやすいと言ってもそれは吸収される前の話であり、空腹の時に先に服用して吸収されてから食事をすれば影響を気にしなくて済むのです。
持続時間の事を考えるとそんな前に服用したら意味が無いという場合は、食事は出来るだけあっさりしたものを選んで腹八分目に我慢し、その上で2時間程度は間を空けて服用するようにした方が良いです。

ページトップへ